きっと役立つ!不動産豆知識 きっと役立つ!不動産豆知識

トップページ > きっと役立つ!不動産豆知識 > 古家付物件を高く売るポイント
2021.11.18

古家付物件を高く売るポイント

古家付物件を高く売るポイントってあるの?

築古物件を売却する場合は、大きく分けると2種類あります。

①そのまま建物付きで売却する方法
②建物を解体し更地にして売却する方法 です。

どちらがより高く売却できるかは建物の状況によるのですが
一般的に古家を解体し更地にしてスッキリした状態で売却する方が
少し強気の価格設定でも売れやすい傾向にあります。

しかし、更地にして売却する場合のデメリットもあります。

①解体費用が必要
更地にすることにより売れやすくはなりますが、必ず希望の価格で売却できる保証はないので
先行投資をするリスクがあります。

②固定資産税の軽減措置がなくなる(居住用の宅地は軽減措置がある)
居住用建物を解体すると軽減措置が受けられなくなり、一般的に固定資産税が高くなります。
※この①と②を回避する為、契約後に建物を解体し、更地にして決済する方法もあります。
詳細はお問い合わせください。

また、解体をしない方が良い場合もあります。

①建物は少し古いが大規模リフォームで再生できる場合
・新築する場合、外構工事等も含めると1000万円以上必要になるので
予算オーバーになります。規模にもよりますが500万円くらいの
リフォームで新築のような仕上がりになります。

②古民家など古さを利用できる場合
・立地条件にもよりますが、古民家カフェなどに利用できる場合もあります。

その他、不動産売却には色々な方法がございますので、お客様の状況や
ご希望をお伺いし最適なプランをご提案致します。

まずはお気軽に「センチュリー21やまとハウジング」へお問い合わせください!

 

姫路の不動産売却はセンチュリー21やまとハウジングへ!

姫路市南今宿8番22号 2号線沿い 「和食さと」様向かい

TEL:079-294-1235

MAIL:info@yamato-housing.net

 

不動産無料査定・その他ご相談 不動産無料査定・その他ご相談
営業時間/9:30~19:00 
定休日/毎週水曜・日曜日